さんま寿司の通販・お取り寄せは、年間30,000本の製造販売実績の徐福寿司へ

トップ商品一覧徐福熟成めはり寿司
徐福熟成めはり寿司

徐福熟成めはり寿司

徐福寿司のめはり寿司は、ひと味違う!

熊野川流域の山師、筏師の腰弁当として食べられてきた古漬けの高菜を使った めはり寿司
筏師の里、和歌山県北山村で、 高菜の自家栽培から始まり、 240日間の漬け込みを経た高菜漬けを用い、伝統の味と香りを今に再現しました。
徐福寿司のめはり寿司「徐福熟成めはり寿司」は、 当店自慢の寿司飯に、高菜のきざみ茎と白ゴマ加えて、昔ながらのめはりよりは小振りに握っております。


めはり寿司とは

和歌山県新宮市の代表的な郷土料理「めはり寿司」。
昔から紀州では、山仕事や農作業等で腰弁当として重宝され広く伝わった伝統の郷土食でした。
 
従来は、高菜の葉を丸ごと1枚使ってご飯を包んで作っていたため、そのサイズはソフトボール並み!
大きいサイズなので、食べるときに口を開いてかぶりつくと、つられて目も未張ってしまうことから、「めはり寿司」と名付けられたといわれています。
この呼称は、他にも諸説色々ありますが、平安時代に熊野灘で活躍した熊野水軍の見張り番が、目を離せない為、食事をする際に、この寿司を頬張りながら見張りをしたことから、
「見張り寿司」と言われ、それが「めはり寿司」と変化していったとも言われております。
 

 

●伝統の味と香りを再現

 
筏師の里、和歌山県北山村で、高菜の自家栽培から始まり、240日間の漬け込みを経た高菜漬けを用い、伝統の味と香りを今に再現しました。
 


●賞味期限

 
賞味期限は、製造日より3日間です。到着後、その日のうちに召し上がって頂くのが最良です。直射日光や温度変化の激しいところを避け保存してください。 冷蔵庫で保存すると、すし飯が硬くなる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
 


徐福熟成めはり寿司

●商品内容(1個あたり)

重 量:約70グラム
原材料:米、食酢、砂糖、食塩、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア末)、味りん、高菜、白ごま
さんま寿司の販売について
徐福熟成めはり寿司 6個入り

徐福熟成めはり寿司(6個入り)

価格:1,200円(税込)

 

数量: