算数科学習指導案

BACK


1 学  年    第1学年

2 単元名    いろいろなかたち

3 単元について

 本単元は,積み木や粘土など身の回りにあるものを用いて図形を弁別する力や,まる・さんかく・しかくなどの基本的な図形を理解することをねらいとしている。児童は,これまでに積み木や色紙などを用いて,いろいろな形の構成や模様作りをしている。その中で「しかく」「さんかく」「まる」などのことばを使ったり,同じ形に仲間分けをしたりする経験をしている。しかし,形の大小や色,位置などを含めて形ととらえ,弁別しているようである。また,身の回りにあるものの多くは立体であるため,平面図形と立体図形の弁別も感覚的なものである。
  児童にとって身近な空き箱や空き缶,または積み木を使って,自由に形を構成することにより,立体図形の特徴や機能に気づかせる。そして,身の回りの立体を積み木の形に照らして,箱のような形・筒のような形・ボールのような形に分類し,仲間分けをする。粘土を使ってそれぞれの立体を構成する作業を通して,転がりやすい形・角張っている形など,形の特徴や機能について理解を深めていく。さらに,積み木の面を写し取り,形の特徴をとらえて絵を描くことで,平面図形に着目させ,立体図形から平面図形や移行させる。
 絵描き遊びは,形を写し取ること自体に意義がある。じっくり操作させたい。積み木遊びや絵描き遊びといった児童が興味・関心をもって取り組める作業によって,図形に親しみながらその概念を習得できるようにしたい。コンピュータを活用することにより,積み木の面をきっちり写し取るという技能に制約されることなく絵描き遊びに専念できる。また,大きさや形を自由に変化させられるので,児童の自由な発想もふくらみ,図形に関心をもって,絵描き遊びをする楽しさも味わえる。

4 指導計画(全4時間)


第1次  積み木による立体の構成
第2次  立体図形の分類と粘土による立体づくり
第3次  立体の面の写し取りとその形を使った絵描き遊び
第4次  コンピュータを使用した絵描き遊び(本時)


5 本時の指導

(1)本時の目標

●コンピュータを使用し,楽しんで絵描き遊びをすることができる。
●基本(まる・しかく・さんかく)の形をうまく使って絵が描ける。

(2)本時の展開

学習活動 児童の活動と反応 支援・評価
前時までの学習の流れをつかむ。 積み木の面を写して絵を描いた経験を発表する。 児童作品を紹介する。
本時の課題をつかむ。 学習課題「かたちをつかって,えをかこう」 基本図形を組み合わせた作品を紹介する。
2人1組で絵を描く。 基本図形をもとに絵を描く。
・形の中に絵を描く。
・形を絵の一部として描く。
・3つの形の大小を組み合わせて描く。
・お絵描きソフトをつかう。
・必要なアイコンメニューの説明をする。
作品について話し合う。 学習課題「さくひんをはっぴょうしよう」
・工夫したことがよく分かるように発表する。
・作品についての感想を発表する。
・友達のよい面を積極的に認めるようにする。
*基本図形が使われているか
まとめをする。 ・予想以上にうまく描けた描けた。
・イメージ通りに描けなかった。
*本時の課題がどの程度達成できたか自己
  評価させ,次の課題を見つけ出させる。


6 児童作品


児童作品1児童作品2