歴史人物カード

BACK


1 実践のねらい

社会科・歴史学習を行っていくなかで,各単元の終わりに「たしかめよう,見なおそう」という項目があり,それまでの学習を振り返る時間がある。その時代の様子・人々の暮らしや文化などについてまとめ,学習をより深めていくことを目標としている。そこで,今回は,歴史上の人物について調べることを通して,歴史の流れ・出来事や人物などの相互関係まどを再確認することにした。人物について詳しく調べたことを,写真や図などを組み合わせながらまとめる。

2 実践計画(15)

(1)人物カードのまとめ方を話し合い,歴史上の人物を選定する。(2)
(2)歴史上の人物について調べる。(5)
(3)人物カードにまとめる。(3)
(4)時代ごとに人物をまとめ,歴史的事実やその背景などについて話し合う。(5)  

3 実践事例

(1)本時の目標
戦国時代から江戸時代にかけて,武将達が争いを終わらせ国を治めようとしたことについて,人物カードをもとに理解を深める。
(2)使用システム
HYPERcubeJrキューブペイントで作成した人物カードを,cubeProjector(電子紙芝居ソフト)でプレゼンテーションできるように編集した。  
その他,教材提示装置で必要に応じて図鑑や資料集などを一斉送信した。(NEC PC SEMI JA)
(3)本時の展開

学 習 活 動 児童の活動・反応 支援・評価
本時の課題を知る。「戦国時代から江戸時
代の様子を歴史上の人物を通して考えよう」
人物についてカードを提示しながら発表し,そ
の歴史的事実についてまとめる。
・人物カードをみて分かったことを見つける。
・それぞれの人物が行ったこと(業績)につい
 て整理する。
・歴史的事実にもとづいた発表内容であるか。
・発表された事柄以外にも他の児童から意見
 が出されたか。
戦国時代の様子をまとめる。 毛利元就/「戦国時代・安芸の武将である」「家督を元隆元にゆずる」
・フランシスコ=ザビエル/「平戸,長崎,京都にキリスト教を伝える」「鉄砲も伝わる」
・織田信長/「天下統一を目指す」「室町幕府を滅ぼす」「明智光秀に襲われて自害する」
・豊臣秀吉/「天下統一を果たした」「大阪城を築いた」「身分の違いをはっきりさせた」
・徳川家康/「関ヶ原の合戦で勝利した」「征夷大将軍となる」「江戸幕府を開いた」
時代の様子を考える。「だれが天下を統一し
たのか」をテーマに話し合う。
・戦国時代を終わらせたのだから,天下を統
 一したのは,秀吉である。
・江戸幕府を開いたのだから,家康が天下を
 統一した。統一を完成した。
・信長が鉄砲を使った戦術が,戦国時代をは
 やく終わらせた。
・織田信長・豊臣秀吉・徳川家康などが天下
 統一に果たした役割をもとに考える。
・歴史上人物個人の業績にとらわれず,歴史
 の流れを把握することができたか。