ネットワークの教育活用に関するガイドライン

back   

A インターネット教育活用の基本方針

小学校と中学校におけるインターネット・イントラネットは,教育活動の一環として,児童・生徒および学校教育関係者の個人情報の保護につとめるとともに,児童・生徒の情報活用能力の育成を図り,国際化教育の推進,新学習指導要領のもと実施予定の「総合的な学習」,地域に開かれた学校の推進等,様々な教育課題推進に寄与できるようにつとめる。

 

B インターネットの主な活用形態と留意点

  1. 情報の発信

    各教科での学習や特別活動などにおいて児童・生徒が活動した成果をまとめ,表現するために,学校のホームページで情報を発信する。情報発信することで,児童・生徒の学習意欲を高め,他の学校などとの交流を通して地元地域を見つめ直す機会としたい。その際,必要に応じて教師が支援できるよう留意する。

  2. 情報の受信・検索および収集
児童・生徒が学習活動等において必要な情報を,ホームページや電子メールなどを活用して,検索・収集する。受動的な活動にならないよう,他校の児童・生徒や各専門分野において学校教育に協力いただける方に電子メールを使って児童・生徒が質問事項などを配信するなどの活動を支援する。また,情報収集において児童・生徒が「不適切な情報」に遭遇することのないよう,教育用検索エンジンの使用を“yahoo!きっず”や“こねっとgoo”などに限定する。そして,教師の事前調査のもと,有益なホームページの一覧表(リンク集)を作成する。
ホームページや電子メールなどを活用して収集した画像データ文書データなどは,教師が児童・生徒や地域の実態に合わせて編集し,教材化する。
教育的効果・配慮のもとに国内の学校や必要に応じて海外の都市・学校との交流をホームページや電子メールなどを通して行う。
インターネットは,主に高野町以外の学校との交流に用いられる。高野町では,役場電算室イントラネットサーバーを中心に町内イントラネットを構築している。現在,Webサーバー・ftpサーバー・mailサーバーが稼働しており,町内小学校・中学校で有益なデータを共有したり,全クライアントで利用できる電子メールを用いて情報を交換する。

 

C 個人情報の発信とその範囲

インターネット・イントラネットを活用して児童・生徒の個人情報を発信する範囲は,以下の事項に限定する。
  1. 氏名

    原則としてフルネームは使用せず,個人が特定されることのないように留意する。ただし,教育上必要がある場合のみ本人や親権者の同意のもとにフルネームを使用することもある。

  2. 意見・主張等

    児童・生徒の意見,主張等については,教育上で効果が認められる場合において発信することができる。

  3. 写真

    児童・生徒の写真をホームページ等で使用する場合,個人が特定できない集合写真などに限定する。ただし,電子メール等で送信相手が特定される場合は,教育上の必要に応じて個人写真を用いることもある。

  4. 住所・電話番号・生年月日・趣味・特技,その他の個人情報
住所・電話番号・生年月日・趣味・特技,その他の個人情報は,発信しないものとする。ただし,電子メール等で送信相手が特定される場合には,教育的配慮のもと必要に応じて,年齢・趣味・特技等の自己紹介程度の個人情報は発信することができる。この場合においても,住所・電話番号・生年月日等は発信しないものとする。

 

D 教師による指導の徹底

インターネット・イントラネットを利用する場合,他人を中傷しないこと,著作権や知的所有権を保護することなど,ネットワーク上における基本的なモラルに留意し,児童・生徒の情報モラルの向上につとめる。

 

E 個人情報およびデータ保護,セキュリティ

  1. インターネットの特性を考慮して,教育上有害な情報の取り扱い等の指導を徹底するとともに,ブラウザシステムのセキュリティ機能や教育用検索エンジンを活用して,教育上有害な情報にアクセスできないようにつとめる。
  2. 個人情報を含むデータは,セキュリティ面を考慮してサーバー等に保存し,外部のネットワークから閲覧できないようにつとめる。
  3. ウィルス(コンピュータシステムに何らかの被害を及ぼす目的で作られたプログラム)の被害を防止するために最新のワクチン(ウィルスを発見し駆除するために作れらたソフトウェア)によるウィルスチェックを定期的に実施する。

 

 

back