KiT「モーツァルト事典」マニュアル


BACK



0 ファイルの構成

MS−DOSシステムつきでフォーマットしたディスクの以下のファイルをコピーします。
プログラムは,自動立ち上げとなります。

ファイル構成は以下の通りです。
*.STK … KiTのスタックファイル  *.CDL … カードファイル
*.KIM … 圧縮画像ファイル     *.KRC … 部分画像ファイル
KIT.EXE … プログラム実行ファイル   MOUSE.SYS … マウスファイル
CONFIG.SYS … 環境設定ファイル   AUTOEXEC.BAT…自動起動用ファイル

1  プログラムの構成

「歴史」「作品」「その他」の各コースがあります。
マウスでクリックすると,希望のコースに画面を進めることができます。

2 「歴史」コースを選んだ場合

歴史年表が表示されます。”1756”などのように年代の文字の上にマウスを移動させ,クリックします。その年代に関連
した画像と説明カードが表示されます。説明画面をクリックすると,画像が消えます。または,違う年代を選択すると,前の
画面を消すことなく,新しい説明画面を見ることができます。メニュー画面に戻るには,「もどる」をクリックします。

3 「作品」コースを選んだ場合

代表的な作品の一覧表が表示されます。曲名が赤字でバックが黒色の項目をクリックすると,メロディが流れます。曲名が
赤字でバックが白色の項目をクリックすると,メロディが流れ,説明の画面も出ます。その他,曲名が緑色でバックが白色の
項目をクリックすると,説明画面が出ます。曲名が水色でバックが黒色の項目には,説明はありません。説明画面をクリック
すると画像が消えます。 メニュー画面に戻 るには,「もどる」をクリックします。

4 「その他」コースを選んだ場合

「作品について」などバックが白色の項目をクリックすると,説明画面が出ます。説明画面をクリックすると画像が消えます。
メニュー画面に戻るには,「もどる」をク リックします。

5 プログラムの終了

メニュー画面の「終わり」をクリックすると,プログラムが終了します。