自ら発見し創り出す学習 −パソコンを使った「角」の指導−

第42回近畿算数・数学教育研究発表和歌山大会提案要旨/平成7年11月21日

BACK

[Download]

’92年度自作ソフト年鑑(学研)登録ソフト/プログラム名「体当たり」
’94年度自作ソフト年鑑(学研)登録ソフト/プログラム名「角さん1,2,3」
「NEW教育とコンピュータ」(学研: '03/5月号)


《「量と測定」領域》ツール型の活用例/算数科学習指導案

1 学 年  第4学年

2 単 元  角の大きさ

3 単元目標

(1)回転量としての角の見方に加え,角の概念を深める。
(2)何かを測定する時に単位の必要性を感じ,自らその単位を見つける工夫ができる。
(3)角の大きさの単位を知り,分度器の有用性に気付く。また,分度器を使って,角を測ったり,かいたりできるようにする。
(4)半回転,1回転などの意味を理解する。

4 指導にあたって

  第3学年では,2本の直線の開きぐあいによって角の大きさを定義している。本単元で,「体当たり」ゲームをもとにしながら回転量としての角を理解させたい。さらに,角の単位(1゜)や分度器の必要性をいろいろな操作活動を通して発見的に理解させたい。そして,児童が分度器を使うのに,分度器の中心と角の頂点を合せること, 0゜の線と辺とを合せること,2つの目盛りの読み方などで間違えやすいと予想されるので,三角定規の角を直接比較する操作を重視したい。  
 まず,90゜までの角の大きさを測るのに,既習の直角をもとに考えさせる。パソコン画面に測定したい角を提示した後,2直線が重なった状態から1本が回転して直角をつくる。その直角を何等分かした大きさと問題の角が同じか,という課題に取り組ませる。任意の数を入力し,角を等分する。その後,その角を問題の角まで移動させ,2つの角を重ねることで確認させる。直角を90等分した角を用いると,便利であることに気付かせ,その大きさが1゜という普遍単位であることを知らせる。
  90等分したものを用いて,いろいろな角の大きさを測る道具を作らせる。左右どちらからでも測れるように目盛りを工夫させたり,測りたい角の頂点と分度器の中心を合せやすいようにさせたりする。このようにして作った道具が,「分度器」である。単に分度器の使い方の指導に終わるのではなく,角を測る道具を工夫しながら創り出す意欲と態度を重視したい。

5 指導計画 全8時間

  第1次 角(7) 
       第1時 「体当たり」ゲームによる回転量としての角 
       第2時 三角定規の角の大小を直接比較 「角さん1」プログラム
       第3時 「角さん2,3」プログラムによる角の単位の導入と分度器の有用性  (本時
       第4時 半回転,1回転の角,180度よりも大きい角の測り方
       第5時 角のかき方
       第6時 三角定規の角と1組の三角定規を組み合わせた角の大きさの求め方
       第7時 角の読み方,180度より何度小さいかで角の大きさを求める問題,模様作り
  第2次 まとめ(1)

6 動作環境

(1)使用OSとシステム  MS-DOS3.30D,LOGOwriter2
(2)対応機種        NEC PC−9801 US   (児童用20台,教師用1台)
(3)ネットワークシステム PC SEMI JA,教材提示装置
(4)周辺機器        マウス,プリンタ 

7 本時の展開

(1)目標  角を比較する操作活動を通して,分度器の有用性に気付く。
(2)展開 

学 習 活 動 指 導 上 の 留 意 点
三角定規の角の大小を比較した前時の復習をする。 直接比較する場合,頂点と辺の合せ方に着目させる。
角の大きさを直角を何等分かしたもので測る。 直角を等分した,任意単位を用いさせる。
直角を90等分した1゜を用いて角を測る。 普遍単位の1゜を導入する。
角を測る便利な道具作りをする。 目盛りの付け方,線の引き方などを工夫させる。