「分加3年」実践事例

BACK


’95年度福井県より研究授業視察を受ける


1 単元名 分数

2 単元について

  2年生では,「かさしらべ」の学習をとおして,1デシリットルに満たない端数部分をミリリットルで表して,端の処理の仕方を学習している。また,日常生活に中で,いろいろな量について「半分の大きさ」や「同じように3つに分けた1つ分の大きさ」などという表現を経験している。
 分数については,この学年ではじめて学習することになるが,児童の実態をふまえて,端数部分の大きさや,等分してできる部分の大きさなどを表すのに分数を用いることを知らせ,これを適切に用いて,そのよさが分かるようにしていきたい。
 分数を実際の場面で使用するときには,次のような場面がある。”等分して集める操作をする”,”連続量の端を表す数”,”1個のものを分割した大きさを表す数”,”割合を表す数”などである。1メートルや1デシリットルに満たない端の量の大きさを,これら単位量を等分割したもののいくつ分であるかによって表すことから導入を図る。
 まず,量としての分数のイメージをもたせる。次に,1メートル・1デシリットルなどに代わり,線分図によって”1”という大きさを考えさせ,それらを分割した大きさから2/5などについて理解させたり,1/5を5個集めた数は”1”であることなどについても理解させることによって抽象数としての分数の意味理解へ学習をすすめたい。

3 単元目標

(1)端部分を表すのに分数を用いることを知り,分数の意味や表し方が理解できる。
(2)同分母数の加法・減法の計算ができる。

4 指導計画(全9時間)

 第1次 端の大きさの表し方(3)
 第2次 分数の大きさ
 第3次 分数のたし算・ひき算(3)
 
      第1時 簡単な同分母分数のたし算本時

      第2時 簡単な同分母分数のひき算
      第3時 練習

5 本時の指導

(1)本時の目標 簡単な同分母分数のたし算ができる
(2)本時の展開

学習活動 支援・評価
本時の課題をとらえる。「2/5リットルと1/5リ
ットルを合わせると,何リットルになるでしょう
解決の根拠を明らかにしながら考えれるか。
自由な発想で課題を解決する ・分数の加法の立式が成り立つことに気づかせる。
・図や線分図などを自由に書かせる。
考え方と解答を発表する。 ・それぞれの考え方が積極的に発表できたか。
・発表内容をよりイメージ豊かにするためにシミュレーションを提示する。
学習のまとめをする。 1/5のいくつ分かで考えさせる。
練習問題をする。 ・2人1組で分子や分母を自由に入力して問題を作る。
・2人で作った問題を解く。(問題のイメージ図も表示される)

分数3年−1分数3年−2

6 考察

 本時は,それぞれ2つの容器に2/5リットルと1/5リットルのジュースが入ったものを合わせると何リットルになるかを,学習課題とした。本時の指導で,簡単な同分母分数のたし算ができること,計算の仕方だけを目標にすれば,おそらく児童は容易に達成できたと思われる。しかし,2/5+1/5=3/10にはならいこと,答えが”3/5”
になる理由にこだわった授業であった。
 シミュレーションでは,2/5リットル入った容器と1/5リットル入った容器を上下に重ね,上にあった1/5リットルのジュースを下の容器に流し込んだ。合わせるのは,ジュースだけであること,ジュースが入っている容器の目盛りは,”3/5”であることを確かめことができた。