さまざまな「いのちの授業」への取り組みについて

ここで紹介させていただいたのは、鹿児島県下の小学校教諭、蔵満逸司先生が発行された「いのちのメールマガジン」のうち、2000年4月から2001年5月に かけて掲載されたものの一部です。
まだ「いのちの授業」という言葉が珍しかったころの取り組みです。関係者の皆様から許可を得て再編成させていただいています。

  1. ブックトーク1 -- 種村エイ子先生
  2. ブックトーク2 -- 種村エイ子先生
  3. デススタデース1 -- 村末勇介先生
  4. デススタデース2 -- 村末勇介先生
  5. デススタデース3 -- 村末勇介先生
  6. 死を考える -- 成田幸子さん
  7. ホスピス医 -- 成田幸子さん
  8. 種村さんを迎えて -- 成田幸子さん
  9. 「健康」って何? -- 澤栄美先生
  10. 月経 -- 森竹高裕先生
  11. 障害のあるなしにかかわらない、あたり前の人間関係 -- 須摩智佳子さん
  12. 障害児が学校へ入るとき -- 須摩智佳子さん
  13. 坊勢小学校にて 1 -- 佐藤律子
  14. 坊勢小学校にて 2 -- 佐藤律子
  15. 坊勢小学校にて 3 -- 佐藤律子
  16. 「いのちの学習実践記録」 -- 西本先生

メール マガジンについての情報はこちらをご覧ください。

小学校教師用教育関連総合リンク集
http://homepage3.nifty.com/syoutl/



http://www.cypress.ne.jp/donguri/Top.html
よもぎリーフ:http://www.cypress.ne.jp/donguri/yomogi_s/index_top.html