佐藤律子 編・著作品


★ いのちの灯台―生と死に向きあった9組の親子の物語



2007年11月 明石書店より 本体1300円+税

子供を失った親たちが、自らの体験を語ることでいのちの大切さを伝えたいと始めた「いのちの授業」。この活動の参加者の話をまとめた、小さな灯台になって輝く9つのいのちのメッセージ。

★ 「種まく子どもたち――小児がんを体験した7人の物語」


種まく子供たち
2001年4月ポプラ社より単行本出版  本体1300円+税

種まく子どもたち
2006年4月角川書店より文庫として出版 本体400円+税

呼びかけ人として編・著に関わらせていただいた、私にとって殊に大切な作品。
――小児がんを体験して元気になった3人の子どもたちと、亡くなった4人の物語。 当事者が書いた文章が多いのも特徴です。

各方面のマスコミの皆様、小山内美江子先生の「三年B組・金八先生」(第六シリーズ・第二話『ボクの心の闇は深い…』2001年10月18日放映)などで温かく 紹介いただいたおかげで、多くの子どもたちに読んでもらうことができました。


★ 「空への手紙」――雲のむこうにいるあなたへ――


空への手紙
2002年5月 ポプラ社より単行本出版 本体1000円+税

更新前のHP・亡くなった方への伝言板「空への手紙」が母胎となり、大切な方へ伝 えたかったメッセージを集めたもの。 ひとつひとつの「ごめんね」と「ありがとう」を、中川雄三さんの空の写真が温かく包んでくれました。


★「けいこ先生のほけんしつ」 文化出版局
1994年 第14回カネボウ・ミセス童話大賞 大賞受賞作品

ペンネームよもぎ律子名義の作品。
――入学式の日、ほけんしつにやってきた、かわいい女の子は誰?――

「魔女の宅急便―2」のさし絵を描かれた、広野多珂子先生がさし絵を描いてくださ いました。
おっちょこちょいで太っちょだけど、いつも子どもたちをふんわり抱きしめてくれる けいこ先生は、ダメ母親な私の理想。
「いかにも一年生らしいシイナちゃんとベテランのけいこ先生のやりとりがほほえましくて、大賞に推しました。」
……童話「ぐりとぐら」作者 中川季枝子先生の言葉より


★「遊太」 エスクアイアマガジンジャパン 
1994年 東北電力「夢見る子供童話大賞パート2」大賞受賞作品

ペンネームよもぎ律子名義の作品。
――父親に叱られて家を飛び出した中学生の少年が出会ったのは、コオロギと名乗る、髪の長い少女だった。――

「くれよん王国」のさし絵で知られる、三木由記子先生がさし絵を描いてくださいま した。

十二歳の少年の心のいたみをあざやかに描いた童話。ふしぎなコオロギ少女と の出会い、真夜中の散歩。私は最後の一行まで、この正体不明の少女から目がはなせ なかった。子どもから大人まで年齢をこえて読み、語りあえるメルヘンだと思う。
……童話「魔人の海」作者 前川康男先生の言葉より

「けいこ先生のほけんしつ」と「遊太」は母親の私同様、生きるのが不器用なわが子 たちへのメッセージのつもりでこころをこめて書きました。 ご希望の方がありましたら、私の手元に若干残っておりますので、郵便局に備え付け の振り込み用紙でお申し込みください。

お申し込み方法

郵便局に備え付けの振り込み用紙(青色)をご利用の上、
★「遊太・希望」
★「けいこ先生・希望」のようにお書き下さい。

郵便振り込み口座
00970ー9−175884   佐藤律子

けいこ先生のほけんしつ(よもぎ律子作)の場合  
内訳  定価1250円→740円
送料 +    160円
      ――――――――
   計    900円

★ 900円を添えて窓口へお出し下さい。
★ ごめんなさい。別途振り込み料100円が必要です。

遊太(よもぎ律子作)の場合  
定価1500円→890円
送料+     160円
      ――――――――
   計    1050円

★ 1050円を添えて窓口へお出し下さい。
★ ごめんなさい。別途振り込み料100円が必要です。

??ご不明な点がありましたら、以下へお尋ねください。

donguri@cypress.ne.jp

 


* 「よもぎリーフ」ご希望の方がありましたら、「よもぎリーフ」のコーナーへお願いいたします。